あなたにとって出口戦略とは何か


 

この三連休、いかがお過ごしでしたか?

 

私は、

自分の事業(今年で丸9年になります)の文書保存整理と、

 

 

 

Disney on Ice 「アナと雪の女王」を

観覧してきました。

13769392_1068071269896774_4347985992779574747_n.jpg

 

この組み合わせ、

これまでの自分の仕事を

振り返るいいチャンスになりました。

 

文書は書類を見ながら、

自分のやってきたこと、
出会った人々のことを思い出させてくれました。

 

ディズニー・オン・アイスは、

いつまでたっても劣化しない、
物語の主人公たちのストーリーや、
 

その具現化をサポートする最新技術の
素晴らしさを見せてくれました。

 

 

 

両方ともに共通するのは、

「記録」と「記憶」。

 

 

過去があるから、

未来を新たに創造し、

今、どうするべきかが

わかるのですよね。

 

 

そのためには、

やはり、

 

・何をやってきたのか(プロセス)

・何を感じてきたのか(決断軸と覚悟)

 

を再度振り返ることが必要なのだと

改めて感じる時間になりました。

 

 

 

さて、先週から続いている

「出口戦略」についですが、

まさに、これは、

 

 

未来を創造することに

他なりません。

 

 

なぜなら、

どういう未来を創り、

どんな軌跡で完成させるかは

自分次第だからです。

 

 

 

もし、

今やっている仕事に

「飽きてしまった・・・」

「もう続ける元気がない・・・」

「体力が持つか不安だ・・・」

と思っても、

 

経営者の場合、

すぐに辞めることができないのが

悩みどころ。

 

 

 

ですから、

自分の未来の選択肢を増やすためにも、

早めに出口戦略を考えるのは

大切なことなのです。

 

 

 

さて、では、質問です。

 

 

「あなたにとって、

 出口戦略とはなんですか?」

 

と聞かれたら、なんと答えますか?

 

 

私は、私の答えを持っています。

 

明日に続きますね。