世の中のトップレベルのスピードとは、 こっちか。


 

さて、
私のこれからの未来にとって、
このタイミングで
ある重要なことをお話いただく
貴重な時間を得ることが先日できました。
それは「次元」と「ステージ」の違い。
20代の頃は「ステージが上がると見えるものが違う」と
メンターからよく言われていたのですが、
ひとつ山を越えると景色が変わって見えたり
するのと同じで、
仕事も、これと同じように、
付き合う人、話す内容、見ている視点が
変わることを私は
ステージが上がる、と認識していました。
しかし、去年の暮れから聞く言葉は
「ステージでなはく、次元をあげましょう」
というアドバイスでした。
その意味が、何を指しているのか、
私にはなかなか分からなかったのですが
ついに!そのヒントが降ってきました。
この2日間、連続して、
お会いしたプロデューサー2名に、
同じ内容のことを2つの視点で
アドバイスいただいて、
なるほどぉ!納得する機会を得たのです!
それは、
「次元が変わるというのは、
 ステージのように
 1段階ずつあがるのではなく、
 ガラッと居る場所が変わること」
という解説。
時間管理の研究を続けていて、
なんと言えばいいのでしょうか、
「ひとつ何か越えなければならない山がありそうだ」
と感じていました。
その直感と、この解説が
結びついた感じです。
時間、と言うことで言えば、
どの人たちも等しく24時間ですが、
次元の違う人たちと過ごすと、
この時間の使い方が全く異なることを
感じました。
30分で数億のビジネスを考え、
1日で企画を50個作り、
そのうち10個を現実的に着手する、
なんて話を目の前で展開されれば
さすがに私も、
視点が一気に変わります笑
世の中のトップレベルのスピードとは、
こっちか。
とまざまざと感じたわけです。
こういう現実を目の当たりにし、
改めて、今回のセミナーの落とし所を
さらにレベルアップしよう!
と思ったが故の、1日リリース延長です。
すなわち、
ひとりビジネスからの脱却とは、
何を意味するのか?
そのために必要な時間管理とは何か?
この辺りを紐解きながら、
進めていきたいと思います!