デッドラインを決める最適日は月末にあり。


あなたは、

時間管理における

「デッドライン」を自分で決めていますか?

 

というのも、

このデッドラインというものを、

結構、他人に合わせていることが多いからです。

 

 

 

 

ひとり社長の多くは、

今年のビジネスをどこに目標を置くか、

年末年始にある程度決めていらっしゃる方も

多いと思います。

 

 

そして、そのスケジュールを

月単位で落とし込んでいれば、

確実に目標に到達できるはずなのですが・・・

 

 

 

「なぜかいつも時間に追われる」

のには、このデッドラインの決め方に、

課題があるように思います。

 

 

その課題の多くは、こんな内容ではないでしょうか。

 

 

 

1 そもそも他の時間を削らないと

  こなせないほど無理なデッドラインを設定してしまう

 

2 一旦デッドラインを決めたのに、

  相手から要望されると思わず前倒しにしてしまう

 

3 思っていたよりも時間がかかり、

  他の案件に確実にしわ寄せを発生させてしまう

 

 

 

 

ビジネスをする上で、ゴール達成、目標達成は必須です。

 

 

私自身も、目標を達成できればよし!

と思いますし、

 

目標に届かない時は、

自分のスケジュール、段取りの甘さを

痛感します。

 

 

 

そして、

上手くいかなかった時ほど、

自分の中で「やれなかった理由」を

探し始めてしまうんですよね。

 

 

 

私なんて、

 

・そういえば、いきなり、タスクを後半で増やしたしね・・・

・思っていたよりあのタスク時間見積が甘かったんだもんね・・・

・どう巻き返せばよかったのか、わからないんだもの・・・

 

 

ああぁ、なんてヘタレなの!

と、思ってたまに落ち込みます( ;´Д`)

 

 

 

そんな時、

ちょっと気分を変えるスイッチを持っています。

 

 

1ヶ月が終わった月末日と毎月1日は、

実はものすごいチャンス日です。

 

 

 

先月の目標達成ができなかった理由を

洗い出し、

 

 

あらためて、

今月の段取りをやり直すことができるからです。

 

 

そこで私が、

このタイミングで見直し始めているのが

「デッドラインの決め方」なのです。

 

 

デッドラインとは、

すなわちビジネスをしていく上で、

目標達成するための、マイルストーン。

 

一つ一つクリアすることで、

確実に目標到達に結びつくように設定することが

大切ですよね。

 

 

 

まずは、私がいつも失敗する

デッドラインの決め方をこう変えてみました。

 

 

1 そもそも他の時間を削らないと

こなせないほど無理なデッドラインを設定してしまう

 

2 一旦デッドラインを決めたのに、

相手から要望されると思わず前倒しにしてしまう

 

3 思っていたよりも時間がかかり、

他の案件に確実にしわ寄せを発生させてしまう

 

 

 

ーーーーーこれをですね・・・

 

 

1 1つのタスクにかかる時間を計算し、

  2時間ごとに分けて、スケジュールに先に入れてしまう

 

2 アポイント枠を確定させて、原則、決めた時間を

  当日・前日になっても変更しない。

 

3 見積もりが甘かった案件は、

  4分類で分けて

  次から見積もり工数を水増ししておく

 

  「初めてやる仕事」    

  「他人と一緒に進める仕事」

  「質を求める仕事」

  「楽しくてやめられない仕事」

 

 

 

私は、毎月ビジネスの師に

1ヶ月のスケジュール=段取り戦略を

提出しているのですが、

 

 

段取り戦略を考えるのには、

正直3日あっても足りないと感じています。

 

そして、私よりも確実にお忙しい師をはじめとした

トップをはしるひとり社長の皆様は、

なぜか余裕をもって日々をこなしているんですよね。

 

 

そこには、やはり、時間管理と段取り戦略に

ヒントがあるように感じるのです。

 

 

師匠からは

「戦略とは戦いを略すこと」と教わっています。

 

すなわち、戦う前に勝てるように

するために考えて段取り戦略を考えるのです。

 

 

 

私はひとり社長ですから、

誰かが代わりに稼いでくれるわけでも、

誰かが代わりにお給料をくれるわけでもありません。

 

 

 

だからこそ、このデッドラインの決め方が

自分の目標達成を左右するのを痛感しています。

 

 

ですから、月末!がチャンスなのですよ^^